English / Japanese

Feature

Early-Career Scholar Forum

Mental Health Effects of Long Work Hours, Night & Weekend Work, and Short Rest Periods

Date
Friday, 2 July 2021 | 12:15pm - 1:00pm (JST)
Venue
Zoom Webinar
Registration: web site
Zoom access link will be provided after registration.
Language
English
Speakers
Kaori Sato Associate Professor, Faculty of Business, Kokushikan University
Early-Career Scholar Forum

Of Text and Bronze: Courtiers, Casters, and Social Status in Medieval Japan

Date
Friday, 25 June 2021 | 12:15pm - 1:00pm (JST)
Venue
Zoom Webinar
Registration: web site
Zoom access link will be provided after registration.
Language
English
Speakers
Paula Curtis Postdoctral Associate, Council on East Asian Studies, Yale University
Moderator
Sawako Shirahase TCJS Director
Early-Career Scholar Forum

The Switch to Cashless Payments Evidence from Japan's Point Reward Program

Date
Friday, 18 June 2021 | 12:15pm - 1:00pm (JST)
Venue
Zoom Webinar
Registration: web site
Zoom access link will be provided after registration.
Language
English
Speakers
Toshiaki Shoji Assistant Professor, Faculty of Economics, Seikei University
Early-Career Scholar Forum

Why Does Non-regular Work Delay Marriage?
A Role of Income and Job Characteristics across Relationship Status in Japan

Date
Friday, 4 June 2021 | 12:15pm - 1:00pm (JST)
Venue
Zoom Webinar
Language
English
Speakers
Ryota Mugiyama Associate Professor, Department of Political Studies, Gakushuin University
Moderator
Sawako Shirahase TCJS Director
Early-Career Scholar Forum

Public Perceptions of Citizenship and Migration in Japan

Date
Friday, 28 May 2021 | 12:15pm - 1:00pm (JST)
Venue
Zoom Webinar
Language
English
Speakers
Yujin Woo Postdoctoral Fellow, Waseda Institute of Political Economy, Waseda University
Moderator
Sawako Shirahase TCJS Director

お知らせ

2021/04/12

総長メッセージを掲載しました。

 
 
2021/03/05

忘れない 震災遺族10年の軌跡

東京大学大学院 渡邉英徳研究室 × 岩手日報社

センター概要

東京大学現代日本研究センターは、2020年7月に新しく設立された組織です。本センターでは、現代日本を一つの共通項として、現代社会の諸課題のメカニズムの解明をテーマに、分野横断的、かつ、グローバルな相対的視点からの研究を推進します。そして、その学術成果を広く国際的に発信・還元し、本学における研究・教育の発展に寄与し、よりサステイナブルな地球社会の実現を目指した地球規模の共同体形成への貢献に資することを目指しています。また、日本に関連する広範囲な研究分野からのアプローチを歓迎し、挑戦的な研究を支援し、次世代育成にも注力します。

重点ミッション

  • 日本社会の検討を通じた、既存の価値、評価基準への挑戦
  • 未来志向型の人文学・社会科学の文理融合型研究の支援
  • 現代日本研究におけるグローバルな視座の強化

研究テーマ

Japanese Economy and Politics

グローバル化が進行し経済システム、社会システム自体が変容し、大きく変化する地政学の中で日本の位置づけが変化してきた。そのような中、日本経済、日本政治、さらには日本社会のあり方を再検討する。

Demography and Inequality

日本は1970年代から少子化が継続し、いま最も高齢化した超高齢社会である。少子化と長寿化、さらにはその背景にある家族の問題やジェンダー格差、福祉政策を含む社会保障制度に関するあり方など、格差・不平等の観点から実証研究を推進する。同時に、EBPM(Evidence-Based-Policy-Making)に関連する多様なデータ構築、情報共有についても検討する。

Humanities and Interdisciplinary Japanese Studies

アニメやゲーム、オタク文化等のポップカルチャー、茶道・華道・日本舞踊等の伝統文化の再検討。日本の食に関わる「日本的なるもの」の発見。災害国としての日本の経験と対応等に関する研究。環境問題や地域格差(過疎と人口集中等)、スマートシティーを始めとする新しいコミュニティーや共同体の在り方等、既存の文理の壁を越えた学際的新領域を、新たな日本研究として発展させていく。

総長メッセージ

東京大学現代日本研究センター(TCJS)は、「日本研究」を戦略的に明示して海外への研究発信を目指す、極めて重要な機能を担っています。古典的な日本研究の枠組みを超えて、課題先進国である日本に関わる分野横断的研究を推進する本センターのもつ意味は大変大きいものです。分野横断的研究のテーマとして、文系諸学問の間での融合研究のみならず、文理をまたがるような研究が行われることも想定しています。開設後半年にして、次世代研究者フォーラムや大学院生研究フォーラムが数多く開催されてきた実績は、本センターのもつ機能に多くのニーズがあることを物語っています。今後、ますます活発な活動が展開されますことを期待しています。

藤井輝夫
東京大学総長