Seminar Series

ブックトークシリーズ 万葉集と帝国的想像

日時
2023年11月30日(木) | 9:00 a.m. - 10:00 a.m. (JST)
会場
Zoom Webinar  登録はこちら
言語
日本語( 本セミナーは日本語で行われます/This seminar will be held in Japanese. )
登壇者
  • トークィル・ダシー/Torquil Duthie カリフォルニア大学ロサンゼルス校アジア言語文化学科教授
司会
  • 齋藤 希史 東京大学大学院人文社会系研究科教授、ヒューマニティーズセンター機構長
イベント概要

「万葉集と帝国的想像」 トークィル・ダシー著(花鳥社、2023年11月刊行予定) 

七世紀後期から八世紀初頭にかけて、ヤマト宮廷が帝国として文学的に表象された。実際には、ヤマトまたは「日本」は、モデルにした華夏大帝国に匹敵するほどではなかったが、全世界が一人の帝王に支配されるという、つとに漢代およびそれ以前の古典に表明された理念を追い求めた。ヤマトの帝国的国家への転換が促されたのは、七世紀後期の宮廷で読み書き能力が急激に拡張したこと、またその結果、華夏文明のもろもろの行政技法や芸文の諸形態が導入されたことに起因する。本書は、まず上代日本における帝国の文学的レトリックを幅広く考察したうえで、独自の帝国世界としてのヤマト宮廷の表象に『万葉集』における在来語の詩歌がいかに寄与したかという、いっそう特殊な論件に進んでいく。

登壇者について

トークィル・ダシー Torquil Duthie
カリフォルニア大学ロサンゼルス校アジア言語文化学科教授
1968年イギリスで生まれ、その後まもなく一家は南スペインに移動。1992年ロンドン大学東洋アフリカ研究学院卒業。北海道大学文学研究科国文学専攻修士課程を経て、コロンビア大学大学院博士課程修了。主な著書: Man’yōshū and the Imperial Imagination in Early Japan (Brill, 2014年)、(日本語訳『万葉集と帝国的想像』花鳥社、2023年)、The Kokinshū: Selected Poems (Columbia University Press, 2023)。